初給料で親孝行


あなたの親孝行navi〜母の日・父の日だけじゃない。親孝行をするすべての人を応援します。〜

初給料で親孝行

経済的にも自立していく時だからこそ

就職で社会に出てから、始めてもらうお給料。
今までアルバイトでお給料をもらっていた人も、それとはまた違う重みがあるのではないでしょうか。
初給料は、人生で1度しかもらえないものです。経済的にも親から自立していく時だからこそ、このチャンスに親孝行しましょう。

感謝の気持ちを伝えよう

就職して社会に出てみると、学生だったころとは違って、いろいろなことに対して見方が変わったり気づいたりすることはありませんか?
初給料をもらう頃は、まだ働き始めて1カ月〜2カ月なので、環境になれることで精一杯かもしれません。でも、周りを見てください。親と同年代の人達が働いていますよね。お父さん、お母さんも、こうしてあなたが知らない場所で一生懸命働いて、家族を支えてきてくれたのです。
今は自分のことで精一杯かもしれませんが、何か社会の中で気づくことがあれば、ぜひその時にご両親に伝えてみてください。

初給料をもらった際に、親に感謝の気持ちを伝えるとしたら、こんな言葉はいかがでしょうか。直接伝えても、お手紙やメッセージカードにしてもいいと思います。

 お父さんお母さん、初給料をもらいました!まだまだ研修の段階で、働いている…というより、勉強しているような状態ですが、それでも自分で働いて得たお金は、やっぱり嬉しいものですね。社会人になったとはいえ、家事などはお母さんにまかせっきりでごめんね。もっと自立していけるよう、頑張ります!

 初給料をいただきました。ほんのこころばかりですが、お父さんお母さんに○○を送ります。こうして僕が社会に出て、元気に働いているのも、家族の支えがあったからです。ありがとう。これからも頑張ります!

 お父さんお母さん、ついに私も初めてのお給料をもらいましたよ!まだ働き始めて2カ月もたってないから、毎日緊張の連続です。教育担当は若い人だけど、上司はお父さんと同じくらいの歳の人です。なんだか、不思議な感じがします。お父さんも、会社ではあんな感じで部下を怒ったりしているのでしょうか…。
お父さんも、若いころは会社で上司に怒鳴られたりしていたんですか?
改めて、長年働いているお父さんを尊敬しました。いつもありがとう!

会社の話をしよう

あなたが社会人になって新しい環境へと入っていくことで、親が気になっていること、案じていることは何だと思いますか?
これは私の考えですが、
「あの子はどんなお仕事をしているのかしら?」
「どんな人たちに囲まれているのかしら?」
「いろいろ相談してくれる人や、味方になってくれる人はいるのかしら?」
というようなことではないでしょうか。
親はいつでも、子どもの置かれた環境が少しでも良いものであるよう願っているもの。そしてその様子を知りたいと思うもの。社会人なりたての時ならなおさらです。
ですから、会社でのことを少しでも話してみましょう。それだけでもきっと喜んでくれることでしょう。

贈り物をしよう

初給料から、何かご両親に贈り物をしてみましょう。自分で稼いだお金でプレゼントしましょう。その際は、メッセージカードを付けてみましょう。短い文でも、ぐっと心がこもりますよ。
初給料でのプレゼント、例えば、こんなものはいかがでしょうか。

 花
 お酒
 ハンカチやエプロン(母親へ)
 靴下やネクタイ(父親へ)
 ちょっと高めのケーキ
 ペアのお箸・グラス

おいしいものをご馳走しよう

あなたが家族に、外食でおいしいものをごちそうする、というのはいかがですか?
家族でよく行くレストランも、あなたのおごりとなると、いつもより特別なものになるでしょう。
また、普段はちょっと高くて行けない様なレストランを予約して行くのもいいですね。
予算や場所より大切なのは、「あなたの初給料で家族にごちそうしてあげる!」ということ。きっと喜んでくれると思います。



 このページの上へ
 一つ前のページに戻る
 「あなたの親孝行navi」のトップページへ
 現在地  HOME→シーン別親孝行→初給料