親にしてあげよう_2(10項目)
あなたの親孝行navi〜母の日・父の日だけじゃない。親孝行をするすべての人を応援します。〜

親にしてあげよう_2(10項目)

機会を作って、親孝行。さらに10個のこと

日々のコミュニケーションに加えて、特別な機会を作ってやってあげたいこと。

1.母の日・父の日に贈り物をしよう

日本全国の公式親孝行DAY!母の日・父の日を利用して、日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。親御さんが喜びそうなものをチョイスして、感謝の気持ちと共に送りましょう。一緒に過ごしましょう。

2.誕生日を祝ってあげよう

親の誕生日を毎年お祝いしていますか?あなたの親御さんは、今年で何歳になりますか?
誕生日におめでとうを。感謝の気持ちを。長生きしてね!の一言を。

3.自分の誕生日に、感謝の気持ちを伝えよう

あなたの誕生日は、あなたのお母さんが命がけで頑張った日。
「産んでくれてありがとう」
その気持ちを伝えましょう。

4.両親の結婚記念日を祝おう

ご両親の結婚記念日をご存知ですか?馴れ初めをご存知ですか?
ぜひ、聞いておきましょう。そして、お祝いをしてみましょう。
照れくさいかもしれないけれど、「これからも二人仲良くしてね。」の気持ちを込めて…。
あなたの突然のお祝いがきっかけとなり、両親の間で過去の思い出話に花が咲くかもしれません。

5.定期健康診断に行ってもらおう

あなたの親御さんは、自分の健康管理をしっかりしていますか?
親自身のためにも、あなたのためにも、親御さんには毎年必ず定期健康診断を受けてもらいましょう。早期発見が一番です。
あなたが人間ドッグをプレゼントし、行ってもらうのはどうでしょうか?
母親には、婦人科系の検診も忘れずにね。

6.思い出の場所に連れて行こう

親御さんの思い出の場所に連れて行ってあげましょう。両親二人にとって特別な場所や、もう一度行ってみたい場所があるか聞いてみましょう。
当時の思い出を聞いて、もう一度その場所に連れて行ってあげましょう。

7.旅行に連れて行こう

親御さんが元気なうちに、いろんな場所に連れて行ってあげましょう。年をとった両親だけでは行きづらい場所や不安な場所も、あなたが一緒なら行けるかもしれません。
海外旅行にも、チャレンジしてみましょう。

8.美味しいレストランでごちそうしよう

あなたが働いて得たお金で、ご馳走しましょう。

9.親が主役のパーティーを開こう

親御さんが主役になれる1日を設定しましょう。これにもってこいなのが、還暦などの長寿のお祝い。退職祝いもいいですね。
親戚や親の友人も招待して、盛大にやってみましょう。
誰しも、大人になってから自分が主役になれる日なんて、そうそうありません。
特別な1日を企画し、プレゼントしましょう。

10.孫を抱かせてあげよう

親御さんが孫を楽しみにしているのなら、孫を抱かせてあげるのも親孝行。
しかし、こればっかりは一人の力ではどうにもなりませんし、ご縁…ですよね。



 このページの上へ
 一つ前のページに戻る
 「あなたの親孝行navi」のトップページへ
 現在地  HOME親孝行へのステップ→親にしてあげよう_2(10項目)