母の日のカーネーション


あなたの親孝行navi〜母の日・父の日だけじゃない。親孝行をするすべての人を応援します。〜

母の日のカーネーションについて

由来はなんでしょうか。

母に贈る花と言えば、カーネーションというのが定番となっています。ですが、なぜ母の日にはカーネーションなのか、由来を知っている人は少ないのではないでしょうか?

始まりはアメリカ

母の日のカーネーションは、もともとアメリカで母の日が生まれるきっかけを作ったアンナ・ジャービスのお母さんがカーネーションが好きだったから…といところに始まります。
アンナは、亡くなってしまったお母さんのために、1908年5月10日(5月の第2日曜日)に、教会で行われた追悼式の参列者に「亡き母を偲ぶ」という花ことばを持つ白いカーネーションを配りました。

もともとカーネーションは“母と子”や“母性愛”を象徴する花とされています。
なぜなら、十字架にかけられたキリストに聖母マリアが落とした涙から生じた花だと言われているからだそうです。
白いカーネーションは十字架にかけられる前のキリストとマリアの象徴で、赤いカーネーションはキリストの体から散った血の色や復活したキリストを象徴しています。
このようないわれと、母の日が始まるきっかけを作ったアンナの訴えから、カーネーションが母の日のシンボルとなりました。

アンナは、母親の追悼式で白いカーネーションを配りましたが、その後の提案で、母の存命する者は赤いカーネーションを、母を亡くした者は白いカーネーションを自分の胸につけるようになりました。
そして、その習慣がやがて母親へ花を贈る習慣へと変わり広がっていきました。

日本でのカーネーションの広がり

日本の場合、母の日が普及した当初はもっぱら造花でした。
戦後、「全国未亡人団体協議会」などが中心となり、赤・白のカーネーションの造花を販売していたそうです。
ただ、母のいる子は赤、いない子は白と区別をつけることへの様々な懸念や、実母が亡くなり義母に育てられた子はどちらを付けていいのか…というような迷いなどに配慮し、1960年からは同協議会でも赤一色に統一されました。

その後、母の日には赤いカーネーションを贈るという習慣として広まっていきました。

カーネーションの色別花言葉
  • 赤・・・「母への愛」「情熱」「真実の愛」「愛情」
  • 白・・・「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」「わたしの愛情は生きている」
  • ピンク・・・「感謝」「感動」「上品・気品」「美しいしぐさ」
  • 黄・・・「美」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「軽蔑・侮蔑」「友情」
  • 紫・・・「誇り」「気品」
  • 青・・・「永遠の幸福」

こうして花ことばを知ると、母の日にピッタリなのは、赤・ピンク・紫・青のようですね。黄色はきれいですが、避けた方が無難かもしれません。

青いカーネーションについて

青いカーネーションは、サントリーとオーストラリアのフロリジン社との共同開発により生まれた新しい品種です。
青いバラの開発過程で生まれたこの花は、ペチュニアなどの青い花から青色色素を作る遺伝子を採取し、カーネーションの遺伝子に組み込むことによって生まれました。
この貴重な青いカーネーションは1997年から「ムーンダスト」ブランドとして発売されていましたが、全国的に販売開始したのは2005年から。
ですが、今でも他の色のカーネーションほどは流通しておらず、一般的な生花店ではあまり扱われていないのが現状のようです。

見た目は青というよりも若干紫に近い感じらしいです。
童話「青い鳥」や結婚式のときに花嫁が何か青いものを身につける「サムシングブルー」に象徴されるように、幸せのシーンを素敵に演出したいという願いをこめて開発されたんだとか。
何と言っても、花ことばが「永遠の幸福」。
母の日に青いカーネーションを送って、びっくりさせてみるものいいかもしれませんね。



 このページの上へ
 一つ前のページに戻る
 「あなたの親孝行navi」のトップページへ
 現在地  HOME→母の日のカーネーションについて