父の日のシンボルは何?
あなたの親孝行navi〜母の日・父の日だけじゃない。親孝行をするすべての人を応援します。〜

父の日のシンボルは何?

父の日のテーマカラーはご存知ですか?

母の日と言えばカーネーション。では父の日と言えば?

テーマカラーは黄色!

実は、父の日のテーマカラーは黄色なのです。
これが広まったのは、1981年に設立された「FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会」の働きによります。この委員会は、社団法人日本メンズファッション協会が母体となっていて、「父の日黄色いリボンキャンペーン」を繰り広げているのです。
「父の日黄色いリボンキャンペーン」というのは、「父の日にはお父さんへの感謝の気持ちを黄色いリボンに託して贈り物をしましょう」というもの。プレゼントに黄色いリボンを添えることを推奨しているのです。

なぜ黄色いリボンなのかというと、古来イギリスでは、「黄色」が身を守るための色とされており、この考え方がアメリカに渡った後に「幸福の黄色いリボン」となり「愛する人の無事を願うもの」となったから…ということです。
父親の幸せや無事を願う象徴として、黄色が選ばれているんですね。

父の日はバラ!

母の日がカーネーションなのに対して、父の日の花は「バラ」です。
知っていましたか?
なぜ父の日がバラなのかというと、アメリカで「父の日」を提唱したドット夫人の父親がバラが大好きだったため、白いバラを父親のお墓に供えたことに由来します。
ドット夫人が供えたのは白いバラですが、母の日のカーネーションと同じように、父親が健在なら赤いバラ、他界された後は白いバラを贈るという説もあるようです。

ただ、母の日のカーネーションほど定番化している印象はなく、ユリ、ひまわり、観葉植物など、それぞれのお父さんに合ったものを贈る方が多いようですね。



 このページの上へ
 一つ前のページに戻る
 「あなたの親孝行navi」のトップページへ
 現在地  HOME→父の日のシンボルは何?